ambitect
貯める・探す・描く・つくる・暮らす
2014年に設立されたデザインディレクション『ambitect』。建築に関わる5つの力(貯める・探す・描く・つくる・暮らす)をベースとした、デザインコンサルタントを行う。SNSにて暮らしの情報を発信し、2023年より『暮らしの窓口』を開設。

San Carlo alle Quattro Fontane_サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂

サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂

サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂はバロック建築の傑作で、ローマのクイリナレ通りとクワトロ・フォンターネ通りの交差点の角に位置している。

厳格な時代背景の中で生まれ
この上なく自由に畝り、ほとばしる感性を表現した建築

穏やかな街並みのローマにあって、異端児ともとれる挑発的なファサード(建物の外観、正面)

内部に広がる、楕円の歪んだ真珠が殻を打ち破るようにそのエネルギーを抑え切れず外へと表出する。

建築家フランチェスコ・ボッロミーニの傑作。

非常に幾何学的で複雑な構成をしているため、頭の中で理解しようとするというより、むしろ感覚的にその主題を受け入れさせようと意図しているのか。

ファサードは水平垂直の傾向のある古典的とは正反対の波打ち湾曲した表情をしている。
コリント式円柱が台座の上に立ち、エンタブラチュアを支えており、階2層と窓3列構成の全体が骨格として現れる。
主要な円柱の間にさらに小さい円柱があり、それらが壁や窓の枠を形成し、そこに様々な彫像や主玄関が置かれている。

内部の構成というと、まず主玄関の正面に主祭壇があり、それと交差する軸上に2つの祭壇がある。
それらの間に16本の柱が4本ずつ立っていて、その上に幅広いエンタブラチュアが一周取り囲んでいる。
したがって基本的には十字形を意識した設計のように思われるが、柱の配置は十字形ではなく斜めに歪んでいるため、楕円の中心から同時に全ての祭壇が見えるようになっている。
柱の間に壁や繰形や扉が配され、全体として波打つような動きを感じさせる効果を生んでいる。その独特のリズムのある設計とその根底にある幾何学との関係性は空間体験が重視されており、教会の象徴主義やボッロミーニの業績を語る上でも重要とされている。

DATA

San Carlo alle Quattro Fontane/サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂

【Type】建築/Architecture
【Sort】カトリック教会/church
【Site】ローマ/Roma
【Architect】フランチェスコ・ボッロミーニ/Francesco Borromini

よかったらシェアしてね!